巡礼用品一覧

美術散華ー百観音版

散華(さんげ):散華は、日本の寺における法要や儀式で使用される、色鮮やかな紙製の花です。
元々は蓮の花弁などの生花で行われていましたが、時代とともに蓮の形を模した色紙が用いられるようになりました。
散華は1200年から1300年頃に起源を持つとされ、正倉院の宝物にもその痕跡が見られます。生花の代用として紙製の花が使用されるようになった背景には、生花の儚さと準備の難しさがありました。

散華のデザインは、聖なる花とされる蓮とされています。蓮の清らかな美しさが散華に反映され、祝福と浄化の象徴とされています。

取り扱い方法
特に決まりや制約はありません。
美術品や工芸品として額に入れたり、親しい人にプレゼントしたり。また、タンスの中に入れておくと幸せを呼ぶとも言われています。

在庫状態 : 在庫有り

販売価格  ¥3,300(税込)

領収書(希望の方は宛名を入力してください。)  

秩父札所巡礼地図や秩父に関する宿泊やイベントなどのパンフレットの送付  

数量